妊娠したい・基礎体温・排卵検査薬・妊娠検査薬・マタニティライフ 【体験記・記録】

Yuko's Brand トップページへ > 3度目の妊娠 妊娠中期(1998年11月〜)
 
Yukos Brand|妊娠するまで・妊娠してから【体験談・記録・情報】 

3度目の妊娠 妊娠中期(1998年11月〜)

 
 
鳥

3度目の妊娠 妊娠中期(1998年11月〜)

鳥

11/21(土) 16週0日  <5ヶ月です>

とうとう、5ヶ月だよ。安定期だ。言葉通り安定してるような気がする。
気分もいいし動きまわってもそれ程不安じゃない。

お腹はだいぶ出てきた。…というより子宮が出てきたという感じ。存在感を主張しているみたい。
近所の人にも「大きくなったねぇ」と言われるようになった。

この頃胎盤が完成する。そうすると、胎児も安定する。どこの本にもそう書いてあるから安心感がある。

でも、この頃は子宮頸管無力症による流産がある。心配でいつも気にしている。
いきなり胎児が外に出てしまう恐い流産だ。

「手術を2回受けているから大丈夫かな?子宮口が開きやすいかも」と余計に心配になる。

11/23(月)16週2日

妊娠して初めてよ〜ちゃんの実家に行った。おめでたい発表は嬉しいね。

でも、祖父の「5月が予定日だったら男の子だな。男の子だったら玄関から入って来て、
女の子だったら裏口から入ってくるんだよ」というのには嫌な思いをした。
女の私が産むのによくそんな事が言えるよねぇ〜〜。
実家ではニコニコしておいて、帰りの車でよ〜ちゃんに文句を言う。
(いっつも、このパタ−ン。よ〜ちゃん、ごめんね)

「誰の為に子供を作った訳じゃないよ。誰がガッカリしようと喜ぼうとそれは知ったことじゃないよ。
産まれてきたら可愛がってやればいいよ。」と言われる…。

そうだよね。そうだけど、嫌だなぁ。もう、そういうの聞きたくないなぁ。
ひ孫の顔が見られるだけでもいいと思うんだけどなぁ〜。それだって、まだ確実じゃないんだよ。
ほんとは自分で直接文句言いたい私は、押さえるのに苦労しちゃうんだよね。

11/26(木) 16週5日

いきなり電話があって「あ、ユウ?ママよ。今日仕事休みだから水天宮行こう」だって。
ブ−ンと車で我が家へ来てそのまま日本橋の水天宮に向かった。
今日は戌の日じゃないけど、まぁいいか。

水天宮は戌の日にはすごい行列が出来る。
でも、自分が妊婦になってみると「あそこで行列して待つのは嫌だなぁ〜」と思って、
「いつ、どこでお参りしようかなぁ〜」とウダウダ考えていたのだ。
もう寒いから立ちっぱなしは体に悪い。

4時ごろ着く。戌の日には華やかな出店も閉まっている。しかも、御払いは終了している。
そして、境内には私達だけ。あ〜、ノビノビ。お金払って帯を買った。

それから、「初音」で白玉クリ−ムあんみつを食べて、甘酒横丁で名物タイヤキを買って、
「魚久」で銀ダラの粕漬けを買った。おいしいのよね〜、これ。

帰って来てから帯を巻いてみた。巻くのは大変だからしないだろうけど、これも経験。
妊婦さんならではだもんね。

11/27(金) 16週6日

なんだか、胸が一段と大きくなってテラテラしてる。こわいよぉ〜。

11/30(月) 17週2日

胎動〜!胎動!!これは胎動。絶対にそう。

今までにも「お腹がグルグルしてるなぁ〜ガスかな〜」と思っていたけど、今日のははっきり分かった。
微かだけどね。ポコって。

小さいのがお腹で暴れてるよ。どんな格好でポコポコしてるんだろう?

12/5(土) 18週0日

いざ!!高松へ〜〜〜!!国内線は初めてなのだ。なんだかワクワク・ドキドキ!

羽田はきれい。これが夫婦最後の旅行になるかもしれない。楽しむぞ〜〜。

12/6(日) 18週1日

帰って来たよ〜。(もう?)

はぁ〜、讃岐うどん食べた食べた。おうどんばかり食べてたよ。
高松は田舎でよかったよぉ。レンタカ−借りたんだけど、スイスイでした。

でも、はしゃぎ過ぎ。グッタリよ〜。今日は早く寝ます。おやすみなさい。

12/12(土) 19週0日  <5ヶ月健診>

健診。初めて子宮底長というものを計った。16センチ。腹囲は84センチ。

ゲゲッ。ウエストが20センチ以上も増えてるって事!?すごすぎる。いいのだろうか?

そして、エコ−。よ〜ちゃんも楽しんで見ている。だってもう可愛いんだよ。
小さな人間って感じ。ビクンじゃなくてバタバタって手足を動かすの。

そして極めつけ!!
「先生、もう、性別って分かります?」
「うん、分かるよ。男の子だね」

……って先生、きゃあ、そんな。教えてくれちゃうの?心の準備が〜。

……そうか、男の子か。変な感じだなぁ〜。男の子かぁ〜。
てっきり女の子だと思ってたよ。根拠はないんだけど〜〜。

興奮しちゃって、血圧の高い事。140/92。ドキドキ。
体重も5週間前より3キロも増えていた。
先生は体重厳しくないから嬉しいけど、自分で気を付けなくちゃね。割と太り易いんだ。

帰りの車では興奮した大人が二人。男の子かぁ〜。お腹に入ってるのかぁ。

12/16(水) 19週4日

初めての胎動からそれほど時間は経過してないけれど、今でははっきり分かるようになった。
しかも、キックゲ−ムをすると本当に蹴り返してくるからすごい。
随分、物の分かった赤ちゃんだなぁ〜。そろそろ胎児名を付けてあげなくちゃ〜。

よ〜ちゃんと相談して付けた名前は「ちびた」。
なんだか、お腹の赤ちゃんが更にいとおしく感じるね。名前で呼べると身近に感じる。

12/17(木) 19週5日

今日は市でやる母親学級の初日。全部で4回あるんだよ。皆、初産で同じ時期の予定日の人。
来ていた人は40人ほどだったけど、上は42才、下は29才。

「私、年齢高めだから浮いてたらどうしよう」なんて心配もふっとんじゃった。
ここってそれなりに都会なのね。

でも、助産婦さんの「妊娠したら朝がだるく感じられると思いますが、規則正しい生活が肝心です」との話は耳が痛い。最近は起きるのが昼頃だもん。
なんか、夜、眠れなくて苦しんで朝から熟睡というパタ−ンになっている。

今日の母親学級も9時からだったけど、起きるの辛かったもん。遅刻ギリギリ。やばい。

母親学級も土日にしてくれると助かる人が沢山いると思うなぁ

12/18(金) 19週6日

中学時代のお友達の家へ、2人で遊びに行った。
私のお腹の子が「男の子だった」ということでヤジが入る。実は「女の子がいい」宣言をしていたのよ。その昔。

でも、それは昔の事(笑)
女3人姉妹の私としては自分に男の子が出来るなどとは考えられなかった訳で…。
今更「男の子でも嬉しい」と言うとなんだか嘘っぽいんだけど、ホントに嬉しいのだ。

それが分かってもらえず悔しい〜〜!!女の子も可愛いと思うよ。でも、男の子も可愛い。
今は「よ〜ちゃんに似た、男の子がいいな」なんて、ワクワクしてるんだ〜。

「女の子がいい!」なんて、余計な事言わなきゃ良かった。ちきしょう〜。(失礼!)

12/19(土) 20週0日     <6ヶ月です>

今日は天気がいいので出掛ける気になった。大好きな谷津干潟へ。
私もよ〜ちゃんも野生のものが好きなのよね。動物も鳥も植物も。自然が愛しい。

そして、気分がいいので珍しく「よ〜ちゃんの実家へ行こう」と私から言った。
お土産に義祖父の好きなタラバガニまで購入したぞ。

しかし、「絶対に男の子」攻撃をくらってしまった。(私達はまだ性別を発表していないのです)
しかも、義母からは「しきたり」なるものの講釈を受けてしまった。

よ〜ちゃんはそういうのは聞き流して忘れちゃえばいいと思ってるみたいだけど、
私は聞き流しても後から考えちゃうし、その場で言い返すほどの頭の回転も無い。
言い返すと上手く言えなくてけんか腰になると思う。

だからまたもや車の中で文句を言ってしまう。
……寝る前に「元気ないね」と言ったら「なんか疲れた」と返事してた。

あぁ、ブル−。ブル−、ブル−。文句はあるけどよ〜ちゃんと仲悪くはなりたくない。ふぅ

とても気分良く始まった1日が、こんな結末で終わってしまった。あ〜ぁ。

12/25(金)20週6日

Merry Christmas!!
I have a wonderful time with Darlin' & Little Little Baby!!!

1999年 1月1日 (木)21週5日

Happy new year!!

この頃は普通の妊婦さんのように元気だ。中期は身体も楽だし、いいね。

ちょうど予定日の頃に咲きますように…とチュ−リップの球根を50球も植えてみた。
オランダから個人で輸入したんだ。インタ−ネット使ってだけど。
なんだか「外国から届いた」という球根だけでウキウキしてしまう。

これが咲く頃にはチビタに会えるんだろうな。

1/7(木) 22週5日

「身体が楽になった」と言いつつゴロゴロ暮らしている私。体重管理もとても自慢できるものじゃない。

買った当時はブカブカだった下着がぴったりになった。ブラはハ−フトップを愛用している。
楽チンだし、ワイヤ−で締め付けない適度な揺れがオッパイの発達にいいそうだ。
普通のパジャマではきつくなってきたので、普段は専らマタニティ用のを着ている。
ズボンのゴムの調節が出来てすごくいい。

普通のマタニティ服も似合うようになった。服は可愛い。けどやっぱりオデブな感じ。

1/9(土) 23週0日   <6ヶ月健診>

今日は1ヶ月ぶりの健診。6ヶ月の終わりだ。

子宮底長:23センチ  腹囲:86.5センチ 何も問題なし。
超音波の画面に入りきらないほど大きくなっていた。超音波の写真が可愛いのは初期だよね。
丸い小さい人形みたいだったチビタがちょっと懐かしい。

この頃になるともう心配が無くなる。
だって、流産と名前がつくのは22週までなんだよ!!
だから、もう流産することは絶対にない!!(^o^)

でも、今度は早産の心配がある。
ただ、早産と言うのはまだまだ生きる可能性が残っている。それだけでもだいぶ違うように感じる。

そろそろ休暇に入る。有休も利用するので長めに取れそう。

1/13(水) 23週3日

なんか、すごくデブになってきた

今日、ヨ−カド−に行ったら、ふいに鏡に映った自分が見えちゃって「これ誰?」って驚いちゃった。
お腹だけ出てた頃と違って、今はお腹の周囲も太くなってきたみたい。
やっぱり、大きなお腹を支えるために周囲も影響受けるんだろうな。お尻から腰にかけてが「カバ」みたい。

以前の私ってどうだった?もう、忘れてしまいそう。

お腹が出てきたのに腹帯が嫌いでしていない私。そのうちするようになるかしら?

1/18(月) 24週2日  <7ヶ月です>

インフルエンザのニュ−スが流れ出した。あぁ、こわい。絶対にかかりたくない。今年。

この3連休に幕張メッセでやっているフリ−マ−ケットに行ってきた。
「赤ちゃんのものがあるかなぁ〜」と期待して。でも、忘れてた。
私達は自分達の物でも古着を買った事は無いのだった。
だから古着になじんでいなくて、結局「赤ちゃんのもの」は何も買わなかった。
知ってる人の古着や中古品だったら何とも思わないのだけど。

赤ちゃんの物ってまだ何を買っていいのかよく分かってない。勉強しなくちゃ。

1/20(水) 24週4日

2回目の母親学級で虫歯の話をしてもらった。

赤ちゃんの歯に存在する常在菌の割合が決まるのは3才頃なんだって。
だから、それまでは虫歯菌の沢山ある大人の口移しは止めておいた方がいいとの事だった。

昔の人って、自分で噛んで柔らかくした物を赤ちゃんにあげてたらしいね。
それは、現代では御法度!!甘いものの味を教えるのも先延ばしにした方がいいとの事だった。

それと、物が持てるようになったら歯ブラシで遊ばせておくといいみたい。
抵抗なく口に入れてくれるようになるんだって。

…で、無料の歯の健診の券を貰ったので行ってきた。
すぐに治さなくちゃいけない歯はないけれど、注意する歯が1本あった。

で、それよりも母子手帳に書き込む時に、歯の検査結果のペ−ジの隣りが体重のグラフでね。
それを見た保健婦さんから「歯はいいけど、体重、注意した方がいいよ〜」と言われてしまったよ。

体重ねぇ〜。
気にはなるけど、「ストレス感じることはしたくないな」と思って放っておいたのよね。
普通に食べても太る人とそうでない人っていると思わない??
食生活、それ程増やしてないのになぁ〜。…なんて、甘いと思う?

1/22(金) 24週6日

歯医者に行った。歯を治すために。

ところが「レントゲンを撮らないと虫歯がどうなってるか分からない」とのこと。
「確率は低くても、レントゲンは妊婦さんにはよくないから撮りたくない。故に治療は産まれてからね。」
ということになってしまった。

「産まれたら来ますね」と言ったら「でも、きっとそんな暇ないだろうなぁ〜」と笑っていた。
じゃあ、いつになるの〜?

1/26(火) 25週3日

今日はリ−ス会社3件に電話してカタログを送ってもらうことにした。

あまり早く用意するとよくないかも…なんて事を考えていたけれど、
後期になると動くのが大変らしいし、いつ産まれてしまうかも分からないので
早目に目鼻だけは付けておく方がいいと思ったのだ。

まず、何を借りて、何を買うか。それを決めなくちゃ。

1/27(水) 25週3日

ハロ−!!赤ちゃんのセミナ−に行ってきましたよ〜。
母親学級で仲良しになった竹内さんと工藤さんと一緒に。

会場では同じく母親学級で知り合いになった人が沢山来ていて
あちこちで「ゆうこさん。元気〜??」と声をかけられた。なんだか嬉しい。タマゴ友達。

ここに越して来てから平日は東京までお勤めに出てたし、土日は夫婦でぐうたら過ごす…
という生活だったので、「ご近所友達」というのがほとんどいなかった。

地域のことも知らないし、共通項のない人といきなり仲良くなろうと思っても
すぐに打ち解けられる訳じゃない。きっかけも少ないしね。

でも、「妊娠」という共通項を持った「母親学級」でのお友達とはとても仲良くなった。
出産時期も同じだから、悩みも似ている。

…話はそれたけど、この「ハロ−!!赤ちゃん」はネット上でも話題になっていたセミナ−だったので、
行く前から期待していた。「早目に行った方がいい」という情報で30分前に着いた。
何でも番号を貰えてその番号で抽選があるのだ。私は10番だった。
そうしたら最後に「哺乳瓶の保温ケ−ス」が当たった。

お話は結構面白かったし、出産ビデオでは泣いてしまった。涙腺弱くなってるのよね。
休憩時にスポンサ−会社の人から、ビタミン剤や乳首、おしゃぶりなどをもらった上に、
お土産も渡された。

しかも、後日ダンボ−ルが届いた。
乳首・消毒袋・母乳パッド・粉ミルクなどが入っていて感激しちゃった。

1/29(金) 25週6日

初期の頃は「あと幾日で何週目に入る」と指折り数えていたのに、
今は自分が何週なのかも思いだせないでいる。お気楽に過ごしている。
初期流産の心配の後は、頸管無力症による流産が心配で心配でたまらなかった。

流産を経験しなかったら、最初から「妊娠して嬉しい!」という安定した気持ちでいられただろう。
今の私のように。楽しい妊婦さんの生活を妊娠発覚から送っていたんだろうな。

1/30(土) 26週0日

最近、寝返りがうてなくなった。

寝返りをうつという動作は意識的にしなければいけないので、必ず目が覚めてしまう。
お腹が重いので上を向いて寝るのが辛い。

それと、下に落ちているものを拾うのが大変。
よ〜ちゃんが使っているダンベルに蹴つまづいて痛い思いをすることがある。
それを拾ってどかす作業がどんなに大変か!

思わずグチも出てくる。最近は掃除をするためにものを動かすのがとても嫌。あぁ、重い。

2/1(月) 26週2日

なんかこの頃気持ち悪い。ムカムカする。これって第二のつわりってやつかなぁ〜

食欲はあるから食べちゃうんだけど、食べた後でムカムカムカムカ気持ち悪いのなんの

でも食べられるので、食べた後で「気持ち悪いよ〜」と言っててもあまり同情はされない

しかも、また頻尿になってきた。夜、トイレで何度も目が覚めてしまう。

2/3(水) 26週4日

昨日、カネボウヒュ−マンスペシャルで「小さな小さなあなたを産んで」を少し見た。
少し・・というのは、見ている途中でよ〜ちゃんが帰ってきたので、最初と最後しか見れなかったのだ。
よ〜ちゃんは悲しいお話が駄目なのだ。(切なくなるらしい)

26週で700g弱の赤ちゃんを産んで、その赤ちゃんが頑張って育っていくお話なのだ。
何故、早く産まれてしまったかというと、
お母さんがハ−ドワ−クかつ妊娠中毒症にもかかっていたためらしい。

中毒症って恐いんだな。でも、700gでも育つと聞いて「すごいな」とも思った。
ただし、私の通っている病院じゃ対応できないだろうなぁ。
そう考えると、大きな病院というのは安心感がある。

2/4(木) 26週5日

ここ2週間ほど、左下腹が痛い。結構ズキズキする。神経に触っているみたい。

筋腫のせいかな?

私は、最初の妊娠の時に「小指ほどの筋腫があるね」と言われていた。
2回目の妊娠が流産に終わってしまった時にも筋腫が気になって調べて貰ったが
その時は「親指大ですね」と言われた。どちらにしろ妊娠に支障はない大きさと位置らしい。

でも、流産の後も子宮が元に戻るためか、左下腹がすごく痛かった。
今も、それと同じ痛みだ。チビタが蹴っているのかな?それともつまんでいるのかしら?なんて。

筋腫があるとその刺激で早産する可能性もあると聞いた。こういう時は安静にしておこう。

2/5(金) 27週6日

母親学級のお友達の家へ。

「お腹が痛いんだ〜」と話したら、なんと2人もそうだった。
もしかしたら、みんなが通る道なのかもしれない。なんだか安心した。

2/6(土) 27週0日  <7ヶ月健診です>

今日の健診で2回目の「男の子宣言!」をされた。
これで、安心して育児用品が揃えられる。それと、名前もぼちぼちと…ね。

腹囲が86センチから93センチへ!ドスコイ級。そして、体重は1ヶ月で2.5キロ増。
赤ちゃんは大き目で1600g。でも、ちょっと大きすぎない??
私の方も異常なし!!次の健診は2週間後!

ただ、張りが強いので、張った時は「安静」とのこと。
張りが破水を招くので注意と言われた。子宮口は開いてないから一安心だけど、張りって恐いのね…。

今日からお姉座りはやめて、ちゃんとあぐらをかこうっと!!
産むのに股関節硬かったら大変だもんね!
でも、私って股関節は柔らかいのよ。前屈は駄目だけど。

2/7(日) 27週1日

ハロ−!!赤ちゃんの両親版、「初めてパパ・ママセミナ−」へ行って来たよん。

先日と同じビデオだったけど、またもや泣いてしまった。
隣りでよ〜ちゃんも泣いているのを盗み見したぞ。やっぱ、妊娠中は旦那も涙腺弱くなってるのかな?

そして、クイズの勝ち抜きで見事全問正解!!
妊娠本を何冊も読破したかいがあったよ〜。またまた、沢山お土産をもらって帰ってきたよ〜〜。

2/9(火) 27週3日

今日は母親学級でお友達になった人の家に遊びに行った。

よく会うお友達は2人いて、一人は竹内さん。もう一人は工藤さん。
2人とも予定日は4月の初め。私は5月の初め。1ヶ月違うとだいぶ違うようになってきた。
今までは似たような感じだったけど。

私はまだ27週台だけど、2人は31週と32週。
なんだか、30週すぎると一気にお産間近!!って感じがしない?

2/11(木) 27週5日 <祝日です。よ〜ちゃんの実家で親戚の集まりがありました>

直前まで「私は行かない。」と言ってたけど、
最後の最後に「やっぱ、行った方がいいかな〜」と優柔不断になって結局行くことにした。

でも、若い人は私達夫婦だけ。みんなサボリなんだよね〜。
よ〜ちゃんの弟と、いとこの男の子2人は、顔見知り。いてくれると楽しいんだけどなぁ〜。
まぁ、独身で若いから仕方がないか〜。デ−トとかもあるしね。

で、またまた「是非男の子を!」というのと「元気な子を!」というプレッシャ−をかけられて帰ってきました。

これってさ〜、若い人が「男の子がいい!」とか「女の子がいい」と騒ぐならともかく…。
普通は目上の人が「どっちだって可愛いよ。どっちでも授かったら嬉しいよ」とか何とか言ってくれるもんじゃない??
それが反対で、私達が「どちらでも可愛いと思いますよ」って言ってるんだもん。

「元気な子を」っていうのもやっぱりお願いされるのは嫌。分からないもん。

そんなの変だよ。私としては多いに文句を言いたい。しかし、言えない。
私がこだわり過ぎ?聞き流せればいいのだけど。

妊娠後期 >>

 

 

 昨日:  今日: Copyright c 1999-2008 "Yuko's Brand" all rights reserved. ブログパーツ