妊娠したい・基礎体温・排卵検査薬・妊娠検査薬・マタニティライフ 【体験記・記録】

Yuko's Brand トップページへ > 悪血と冷えと漢方薬
 
Yukos Brand|妊娠するまで・妊娠してから【体験談・記録・情報】 

悪血と冷えと漢方薬 

 
 
apple

悪血と冷えと漢方薬 

apple

妊娠にまつわる不思議な言い伝えやジンクスってありますよね。
私もアレコレ見聞きしたり、掲示板で話題なったものに参加したり。

悪血(おけつ)

漢方でいう不妊の大きな原因だそうです。

悪血とは体にたまる悪い血液、古血(ふるち)ともいいます。今でいうドロドロ血液です。それをサラサラ血液にし、血液の ながれを良くします。悪血が体の中ににたまると、体の様々な機能に悪い影響を およぼします。特に女性の子宮・卵巣は悪血の影響を受けやすいところです。悪血がたまることにより、排卵障害や生理不順、生理痛などを起こし、人によっては子宮筋腫・卵巣のう腫・子宮内膜症などの原因にもなります。 

食生活の影響 原因の一つに普段の食生活の乱れがあります。冷たい物、生物(なまもの)を好む人。また余分な水分や、冷たい水分を多くとる人。このような人は胃腸を冷やし、結局は自らの子宮・卵巣を冷やし、そしてホルモン・バランスを狂わすことになります。

母体作りについて

漢方の不妊治療とは子宮・卵巣を赤ちゃんのできやすい環境にすること。要するに母体づくりにあります。 太り気味の人は体重を減らし、余分な脂肪を取り、おけつをなくすこと。体内に余分な水分の多い人は、水分代謝をよくすること。逆に胃腸が弱く体重の少ない人は、胃腸を強くし、体重を増やし、お腹をふっくらさせ、子宮・卵巣に栄養をつけること。冷えの強い人は冷えを治すことにより温かい子宮・卵巣を作り、本来の自分のホルモン・バランスにしていくこと。

漢方治療は、子宮や卵巣を婦人科でいろいろ調べ、治療されて効果の上がらなかった部分だけを診て、再度治療していくわけではありません。 なぜ、子宮が、卵巣が機能しなくなったのか、なぜからだが妊娠を拒んでいるのかを、からだ、母体全体から原因をといて治療していく医学です。

私の利用した漢方薬

体質改善を心がけようと漢方を飲み続けていました。私の主治医は日本の大学・大学院を卒業した台湾出身のお医者さんでした。問診で、「冷え性」と「便秘症」を伝えると、触診してくれ、お腹を触りながら「固いね。おなかをふっくらさせなきゃ。」といいました。 同じ流産仲間のお友達とも「最近、お腹柔らかいよ」「今日は硬くて・・」などと話していました。

このとき処方されたのは「当期芍薬散」です。

漢方は「最低半年」は飲み続けないと効果が現れないとのことです。私は半年以上飲んで妊娠したのは、3度目の妊娠の一度きり。もしかして、漢方薬を飲み続けて、身体に浸透していた状態だったから、うまく育ったのかな?と思うこともあります。でも、これは検証不可能なので確認できません。残念。。

ただ、 半年も漢方を飲み続けると、「自信」にはなります。「これだけ飲んだのだから大丈夫」という、小さな自信ですが。意外と、そうやって気持ちをリラックスさせるのもいい結果をうむのかもしれませんね。

原因不明の人に、いい治療法だとも思います。  

東洋医学の視点からは自然妊娠が最良の方法とされています。しかし、漢方も万能ではありません。漢方薬を長期服用してもやはり妊娠しない人もいます。ある人は卵管が閉塞したり、またある人は夫の精子の問題で体外受精もしくは顕微授精でしか赤ちゃんができない人もいます。

漢方薬のいくつかの種類

冷え性タイプ

当帰四逆湯(とうきしぎゃくとう)

疲れやすく夏場のクーラーで冷え切ってしまう人に。全身の冷えを解消して体調を回復させ母体を元気付ける。 

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

痩せていて冷え性な人に。 体を温め子宮卵巣に力をつける。また流産防止のために処方されます。

温経湯(うんけいとう)

全体的に虚弱体質皮膚や唇が乾燥しがちで手足がほてる人 

悪血タイプ

桂枝茯苓丸料(けいしりょうがんりょう)

生理痛やにきびが気になる人。また長期間ホルモン剤を使用してきた人は血液がスムーズに流れません。
悪血を取り除き子宮卵巣本来の活動を促します。

折衝飲(せっっしょういん)

生理のときにどす黒い血が出てくる人。これは悪血らしいです。悪血を取りバランスのよい母体作りをします。

大黄牡丹皮湯(だいおうぼたんびとう)

桃核承気湯(とうかくじょうきとう)

がっちりしたタイプでのぼせがたの人に

肥満タイプ

大柴胡湯(だいさいことう)
大柴胡湯合桂枝茯苓丸料(だいさいごとうごうけいしぶくりょうがんりょう)

体内に余分な脂肪や不純物が蓄積され体調を崩す原因になっています。それらを取り除き体全体を整えることで母体を健康にさせます。

通導散(つうどうさん)
防己黄耆湯(ぼういおうぎとう)

水太り気味で汗をかきやすい人。余分な水分を取り除き体全体のバランスを整え妊娠しやすい母体作りをします。

防風通唱聖散(ぼうふうつうしょうさん)
胃腸型タイプ 安中散(あんちゅうさん)
四君子湯(しくんしとう)
小健中湯(しょうけんちゅうとう)
真武湯(しんぶとう)

半夏瀉心湯(はんげんしゃしんとう)

必要以上のストレスが胃を弱めている人。胃から子宮に十分な栄養が行かず母体の母体のバランスを悪くしています。これを治し母体作りのきっかけを作ります。

人参湯(にんじんとう)

六君子湯(りっくんしとう)

食欲がなく疲れやすい人胃腸を健康にし、子宮が子供を育てることが出来る栄養状態に戻るきっかけを作ります。 

ストレスタイプ

加味帰脾湯(かみきひとう)
加味逍遥散(かみしょうようさん)

精神的に不安定でイライラする人

柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)
女神散(にょしんさん)

男性不妊

桂枝加龍骨牡蛎湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)
柴胡加龍骨牡蛎湯(さいこかりゅうぼれいとう)

八味地黄湯(はちみじおうとう)

血液循環改善作用があり、精巣の機能が高められるために男性不妊に使用される。乏精子症や精子無力症に有効とされている。

補中益気湯(ぼちゅうえきとう)

最近、バイアグラ漢方版として、男性週刊誌などで騒がれている薬。精巣上体管細胞増殖促進効果があるとされ、精子無力症に特に有効とされている。 

その他

帰脾湯(きひとう)
柴苓湯(さいれいとう)

ステロイドに近い作用があるので、ステロイド剤の投与料量を減らせる。抗アレルギー・炎症作用があるので、自己免疫異常による、習慣流産に使われることがある。  

芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)
清心蓮子飲(せいしんれいしいん)
八味帯下方(はちみたいげほう)

 昨日:  今日: Copyright c 1999-2008 "Yuko's Brand" all rights reserved. ブログパーツ