流産・不育症・習慣性流産・不妊・排卵検査・基礎体温・妊娠 【体験記・記録】

Yuko's Brand トップページへ > 流産の知識 種類・診断・処置・原因
 
Yukos Brand|3度の流産【体験談】 こころの回復

流産の知識 「流産とは?」 種類・診断・処置・原因

 
 
鳥

流産の知識 「流産とは?」 種類・診断・処置・原因

鳥

流 産・・・妊娠22週以前に、妊娠継続できなくなること
12週未満の流産を早期流産12〜22週未満の流産を後期流産と、定義)

流産の種類

切迫流産
胎児は子宮の中で生きているが、子宮が収縮する為下腹部痛出血がある状態。
処置を受けることによって、流産を食い止めることも可能
安静にして病院の指示・手当てを受けましょう。

稽留流産
自覚症状はなく胎児がすでにお腹の中で死亡している状態。
お腹の中で突然死んでしまったり、胎嚢・胎児が成長せず心拍の確認もできない。
母体に感染症を引き起こさない為、掻爬手術が必要となる場合が多い。

進行流産
子宮口が開いて流産が始まっている状態。下腹部痛や出血があることも。

不全流産
胎児や胎盤などが一部残っている状態。 出血や腹痛が続く。

完全流産
胎児や胎盤などの付属物も完全に子宮の外へ出てしまった状態。

化学的流産
生理が遅れ、尿検査で陽性反応が出ているのにも関わらず、胎嚢が確認できない
そのうちに、出血・腹痛が起こり、生理が来てしまう
妊婦さん自身が気づかないうちに、「痛みの強い生理」として起こっていることもある。
流産の初期の更に初期の状態。 掻爬手術は必要ないことが多い。

胞状奇胎
胎児を包む卵膜や胎盤をつくる絨毛が異常に増殖し、水疱状のぶどうのような粒になって子宮内に充満してしまうこと。

子宮外妊娠
受精卵が、子宮内膜以外のところ(卵管・卵巣・腹腔・子宮頚部など)に着床してしまうこと。

流産の診断

1.妊娠反応
妊娠4週目程で、妊娠反応が出ます。尿検査で分かります。
(生理1〜3日前に市販の妊娠検査薬で出ることも・・・私の場合)

2.胎嚢の確認
「経膣 超音波検査」で、胎嚢の確認
この胎嚢が週数の割に小さい歪んで見える影があるなどの場合は、
流産などの疑いを持たれるようです。
しかし、排卵の遅れなどが原因で、週数にズレがあることも充分あるので、
経過を見る場合がほとんどです。

この時期、小さくて不安でも、後から心拍が確認されるなら育つ可能性は充分です。
私自身もそうでした。私の妹もそうでした。 他にも同じような状態の人を沢山見ました。

3.胎芽の確認
妊娠10週までの胎児は胎芽と呼ばれます。
大抵6週頃〜には胎嚢の中に見えるようになるようですが個人差があります。

胎嚢が確認できてから2週間半経っても、胎芽が確認できない場合、流産が疑われます。

4.心拍の確認
7週頃には心拍も確認できるようになるようです。(これも個人差有り)
胎嚢も胎芽も確認できたのに、心拍が確認できない場合、流産が疑われます。
ただし、この場合もしばらく様子を見ながら胎児の成長を見守るケースがほとんどです。

※いずれも、週数のズレなどによって確認できる時期が遅れる事があります。
診断は「最終月経」や「基礎体温」などと合わせて慎重に行われます。

※心拍が確認された後に、流産にいたる場合もあります。
現在、医者側から「安定期」と判断されるのは12週頃のようです。

流産の処置

◆切迫流産
安静にすることが一番。
HCGなどのホルモン注射をしたり、張り止めの薬や点滴を用いる事もあります。

◆稽留流産など (子宮内に胎児や付属物が残っている場合)
除去手術をします。
麻酔をかけて手術し、当日あるいは翌日には退院できることがほとんどです。

早期流産の原因

◆胎児にある場合
受精卵や絨毛の染色体の異常、多胎妊娠

◆母親にある場合
子宮の異常、卵子の異常、卵巣機能の異常、内分泌疾患、感染症、自己免疫疾患、染色体異常など

◆父親にある場合
染色体異常、精子の異常

◆夫婦間にある場合
免疫異常(HLA適合性)、血液型不適合

◆原因不明
早期流産の原因の多くは、「胎児側の染色体異常」によるものだといわれています

※ 染色体異常: 卵子・精子の単発的な異常受精過程の異常

“自然淘汰”と言う言葉を使うことも多いようです

 

ドット流産の種類・診断・処置・原因
ドット反復流産・習慣性流産・不育症
ドット流産のさまざまな検査&治療
 昨日:  今日: Copyright c 1999-2008 "Yuko's Brand" all rights reserved. ブログパーツ