流産・不育症・習慣性流産・不妊・排卵検査・基礎体温・妊娠 【体験記・記録】

Yuko's Brand トップページへ > 最初の流産
 
Yukos Brand|3度の流産【体験談】 こころの回復

初めての流産|不全流産

 
 
鳥

最初の流産 (1995年 7〜8月)

鳥

妊娠7週目の「進行流産」でした。手術時は「不全流産」の状態でした。

結婚して半年後のこと。27歳の時。 妊娠は考えておらず、しばらく2人で働く予定だった。

3週目ごろ(生理予定日1週間前)・・・発熱。病院で処方された抗生物質を飲む。
4週目の終わり・・・胸の痛み。生理の遅れから妊娠検査薬で検査。予期しなかった「陽性」。

この頃から出血お腹の鋭い痛みが時々。
初めての妊娠なので「妊娠ってこんなものなのかな?」と考えていた。
妊娠の知識については全く無く、本屋で立ち読みする程度。
お腹が硬くなって痛くなる。(今から考えれば張りだと思う)

旦那の実家から電話があったので妊娠の報告。私の親にも報告。

6週目・・・胎児確認。その直後から少量の出血。ダラダラと続く。
6週目の終わり・・・会社帰りに多めの出血。その日から会社を休む。

血液は黒っぽいものが力を入れると出てくる感じ。
安静の程度は「外出はしないがそれ以外は普通に暮らしている」状態。家事もしていた。

7週目半ば・・・大量の出血。ドロッとした血。
よ〜ちゃんに会社を早退してもらい、一緒に車で病院へ。超音波では胎児見えず「不全流産」と診断される。

・手術
診断後そのまま手術部屋へ。台の上で下半身を縛られて掻爬。麻酔なし。(失神しそう!)
待合室まで声が聞こえていたらしい。時間は20分ほど。小さな胎児を見た。
病院で30分ほど休んで帰宅。

貧血・めまいでその日は起き上がれない状態。
布団に寝ている私の横で、よ〜ちゃんがお互いの実家に「流産報告

・手術当日から1週間、抗生物質子宮収縮剤を服用。
・手術の2日後に強い痛みがあり眠れず。1週間ずっと安静
手術1週間後に通院、検査。「通常の生活でよい」と言われる。

・手術後 38日目。生理再開。

ドット最初の流産
ドット最初の流産 その後

ドット2度目の流産
ドット2度目の流産 その後
ドット検査を受けました
ドット妊娠解禁
ドット4度目の妊娠を決意
ドット妊娠「超」初期
ドット3度目の流産
ドット3度目の流産 その後
ドットさちこさんの体験
 (流産3回・ リンパ輸血)
 昨日:  今日: Copyright c 1999-2008 "Yukos Brand" all rights reserved. ブログパーツ