流産・不育症・習慣性流産・不妊・排卵検査・基礎体温・妊娠 【体験記・記録】

Yuko's Brand トップページへ > 2度目の流産後 検査を受けました
 
Yukos Brand|3度の流産【体験談】 こころの回復

2度目の流産 検査を受けました|検査と相談と治療方針

 
 
鳥

2度目の流産後 検査を受けました  (1998年1月〜)

鳥

2度目の流産で、妊娠には神経質になっていました。

個人病院で「当帰芍薬散」の服用を勧められていたので、流産直後から1日3回飲んでいました。

流産から約1ヶ月後
1月28日。 流産の処置をした個人病院ではなく、 隣りの駅の大き目の産婦人科専門病院へ。
「次回の妊娠の相談」 と、「私自身の身体の検査」に行きました。
妊婦さんが沢山いたので、私も妊婦の振りをして「たまごクラブ」を読んで待ちました。

「1番」の診察室の前で待ってください…とのアナウンス。 ここは婦人科専門です。
隣りの「2番」「3番」の産科の診察室の前で待っている妊婦さんの横で、ちょっと悲しい思いで待ちました。

まずは問診。 そして超音波
子宮がシクシク痛かったのでそれを聞いたら、 「親指大の子宮筋腫があって、それによって子宮が引っ張られて痛いのでしょう」とのこと。「妊娠に支障はない大きさと位置」だそうで一安心。

検査は大掛かりにならない【血液検査・尿検査】で分かる程度のものをやることにしました。
糖尿病・免疫機能・おりものなどの検査。子宮の形や位置などは問題無い様子。

3週間後
待合室に貼ってあった「7月出産予定のお母様へ」という張り紙を見て、「もし、妊娠継続していたら母親学級の時期なのか」と思いながら待つ…。
名前が呼ばれ「1番」の診察室へ。 今回の検査では何も問題がみられないとのこと。

あとは、私達夫婦の「HLA型」「染色体異常」を調べることになるけれども、それはもっと大きな病院で調べなくてはならないとのこと。 でも、私には「よ〜ちゃんには問題無いだろうな」という気持ちがその頃あったのです。

「2回の流産は偶然重なった可能性が高いからもう一度TRYしてみては?」 という結論になりました。
ただ2回流産が続くと、次回も流産になる可能性は半々だとのこと。

どうしよう。。もっと詳しい検査と治療に進むか?
それとも、 このまま漢方薬を飲んで妊娠を考えてみようか…??

そしてもう一つ、「次の妊娠が分かった時にはどうすればいいのか?」も質問しました。

「初期の流産だから妊娠が分かるまでは何もしようが無い。」
「妊娠が分かったらもう一度来なさい」

「いつ頃来たらいいでしょうか?」と質問したら、

とにかく胎児の心拍が確認できることが大前提だって。

私の場合そこまで行ってないから「とにかく胎児の心拍確認」が出来ないことにはどうしようもないらしい。
そこまでは、何もしようがないってこと?

それでも、妊娠が分かったら低容量の「アスピリン療法」を開始すると言われた。
これは血液をサラサラにするもの。小児用バファリンが使用される。(手立てがあると聞いて少し安心。。。)

「流産の原因」が見つからなかったことは喜ぶべきことか? それとも残念なことか?
モンモンと考えながら家路につく。・・・とにかく私の身体に問題はないと信じてみるしかない。

でもなんで流産したんだろう?2回も。。。次の妊娠が上手くいく可能性は半々?
これから、私自身が乗り越えなくちゃいけない「心のハ−ドル」はまだ続いていた。

そして妊娠解禁の時期はもうすぐ…。

ドット最初の流産
ドット最初の流産 その後

ドット2度目の流産
ドット2度目の流産 その後
ドット検査を受けました
ドット妊娠解禁
ドット4度目の妊娠を決意
ドット妊娠「超」初期
ドット3度目の流産
ドット3度目の流産 その後
ドットさちこさんの体験
 (流産3回・ リンパ輸血)
 昨日:  今日: Copyright c 1999-2008 "Yukos Brand" all rights reserved. ブログパーツ